「真昼の悪魔」Wiki


2017年2月4日スタートの「真昼の悪魔」。主演の田中麗奈さんが、女医役に初挑戦することで話題になっています。そんな「真昼の悪魔」について気になったので、Wikipediaで調べてみました。

ちなみに、私はドラマを見る時、このサービスを使って見ています^^うっかりドラマを見逃してしまっても、このサービスならいつでもどこでも見れて、とっても便利なんですよ~
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね

遠藤周作 – Wikipedia


まず、「真昼の悪魔」原作者の遠藤周作さん。遠藤 周作さんは、1923年(大正12年)3月27日に生まれ、1996年(平成8年)9月29日に、73歳でお亡くなりになったそうです。

お父様の仕事の都合で、幼少時代を満洲で過ごした遠藤周作さんは、帰国後の12歳の時に、伯母の影響でカトリックの洗礼を受けます。遠藤周作さんは、クリスチャンだったんですね。

慶應義塾大学文学部仏文科を卒業後、1950年にフランスへ留学。帰国後は批評家として活動しますが、1955年半ばに発表した小説「白い人」が芥川賞を受賞し、小説家として脚光を浴びます。キリスト教を主題にした作品を多く執筆し、代表作に『海と毒薬』『沈黙』『侍』『深い河』などがありますね。

無類の悪戯好きとしても知られ、全員素人による劇団「樹座」や、素人囲碁集団「宇宙棋院」など、作家活動以外のユニークな活動を行っていたそうです。

また、『沈黙』をはじめとする多くの作品は、欧米で翻訳され高い評価を受けました。グレアム・グリーンの熱烈な支持が知られ、ノーベル文学賞候補と目されましたが、『沈黙』のテーマ・結論が選考委員の一部に嫌われ、『スキャンダル』がポルノ扱いされたことがダメ押しとなり、受賞を逃したと言われています。いつの時代も、融通の利かない人がいるんですね。ノーベル文学賞を逃してしまったなんて、非常に惜しかったですね!

狐狸庵先生などと称される、愉快で小仙人的な世間一般の持つ印象とは異なり、実物の遠藤周作さんは、おしゃれで痩身長躯すらりとした体つき(戦後間もない時代に183cmだそうです!)の作家であり、豪放磊落開放的な態度で一般とも接するのを常としていたそうです。うちのじいちゃん、160cmくらいだった気がします。遠藤周作さん、その当時はかなりシャレオツなイケメンだったんじゃないでしょうか?

悪魔 – Wikipedia

そして、「真昼の悪魔」の「悪魔」ですが、宗教的に使う言葉の意味も持つようですね。全く知りませんでした。

「魔」という漢字は、死者を指し超自然的なものを含意する意符「鬼」と、マーラの音を表す音符「麻」とを組み合わせたものだそうです。日本の民俗信仰では、災いをなす原因と想定されるモノを漠然と擬人的に「悪魔」と呼ぶようになりました。

悪魔・魔王を指す西洋語の「デヴィル」 (英: Devil, 独: Teufel) はヘブライ語のサタンのギリシア語訳ディアボロス (古希: Διάβολος、羅: Diabolus) から派生した言葉であり、キリスト教の神に敵対する存在を指します。

悪魔とも悪霊とも和訳される西洋語の「デーモン」の語源は、ギリシア語のダイモーンだそうです。ダイモーンのラテン語綴り 「daemon 」はキリスト教的文脈においてほぼ悪霊・悪魔の意味で用いられています。

キリスト教の悪魔、イスラムの悪魔、グノーシス派の悪魔、仏教およびインドの悪魔、などいろんな宗教で「悪魔」という言葉が使われています。面白いですね~

白昼の悪魔 – Wikipedia

「真昼の悪魔」ならぬ、「白昼の悪魔」なんてあるんですね。
「白昼の悪魔」(はくちゅうのあくま、原題: Evil under the Sun)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティが1941年に発表した長編推理小説である。

白昼の悪魔のあらすじ

スマグラーズ島の浜辺で、周囲の異性に魅力を振り撒き、避暑地を満喫していた元女優アリーナ・マーシャルが殺害されます。「白昼にも悪魔はいる」というポアロの言葉どおり、不穏な空気が流れる中、ホテルの客の一人と不倫していた彼女に殺害の動機を持つ容疑者が浮かび上がりますが、完璧なアリバイに捜査は難航します。

あらすじを見ても、「真昼の悪魔」と内容は異なるようですね。あの、江戸川乱歩が、「白昼の悪魔」を作者ベスト8の1つに挙げているので、こちらもかなり面白いのでしょうか。

ドラマ「真昼の悪魔」はこちらから視聴できます

ちなみに、私はドラマを見る時、このサービスを使って見ています^^うっかりドラマを見逃してしまっても、このサービスならいつでもどこでも見れて、とっても便利なんですよ~
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね

おすすめ記事

土ドラ「真昼の悪魔」再放送

「真昼の悪魔」の感想がガールズちゃんねるで話題に!

「真昼の悪魔」感想をまとめてみました!