「お母さん、娘をやめていいですか?」感想まとめ


2017年1月13日からスタートしたNHKドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」の感想が盛り上がっています。NHKドラマ10 と言えば、主に女性層を中心に「話題性あるテーマと高品質のエンターテインメント」をテーマにした作品 が多いことで注目されています。そんな「お母さん、娘をやめていいですか?」の感想をまとめてみました。

「お母さん、娘をやめていいですか?」感想

・とても怖いと思った。自分は大丈夫?と思った人多いのでは?前に流行ったアダルトチルドレンかな。不思議な雰囲気の母。斉藤由貴さんが怖い。優しそうなんだけど。どうやって娘をコントロールさせて来たのかな?施設に入っている祖母の影響?

・良い子の波瑠。楽しそうな苦しそうな。熱演ですね。

・女性は誰しも考えなくてはならないと思う。娘をコントロールしていないか。またはコントロールされていないか。怖いけど続きが見たいです。

・今回は後半完全に母親が迷走しはじめました。テンポよく話が進むからダレることなく見れます。こういう人間の心理の深いところを描くドラマは、役者目線だと結構演じがいがあるかもしれません。インタビューでは演じていて面白くないとみなさん言っていたのですが、実は振り切れた役を楽しんでいたのではないのでしょうか。今後の展開が楽しみで仕方ないです。

・NHKだからコマーシャルも入らないし、集中出来る。文句なく面白い。

・女学校のシーンのみ、うっとうしい。女子高生大嫌いなので。何処かの会社でよかったのに。

・それにしても波瑠さん、脚本に恵まれ過ぎ。最低の朝ドラのヒロインを演じなければいけない女優も居るのに。

・母のお人形だから人としての魅力が足りないのをうまく演じている。自信もないし。幼いかわいさが前にでている。母との対比が面白い。どちらもきれいだから。これからが楽しみだわ。

・わかりやすい虐待なら、自覚もできるだろうし自分でも対処(親から離れたり)も可能だけど、こんな風に精神的な搾取されているのは自覚ができないかも。でも、真綿で首を締められている感じで、何とも言えない苦しさはあるんだろう。

・白雪姫のくだりは有名で、毒親の例えで母と娘の異常な関係性を現す表現で用いられている。彼氏候補の段階で、母親が自分たちの関係が壊れるのが嫌で、柳楽くんを遠ざけようとする。斉藤由貴さんがパプリカ持った感じは、魔女が毒リンゴを彷彿とする感じだった。親子の共依存が上手く描けてて、これを観て気づく人いるんじゃないかな?あの母親のような人は、娘に幸せを口にしても望んではいないからね。娘が自立や親離れをしようとすると、危機的な状況を作る。で、自分(母親)のところへ戻ってくるよう仕向ける。あー恐ろしい。

・斉藤由貴さんの優しい声と、大きな目のギャップが、ぶるっと怖かった。波瑠さんのみっちゃんも、守られて育ってきた箱入りの若い先生感が出ていてとても良かった。お母さんに言い返せたからスッキリだけど、お母さんはへこたれないんだろうな。来週も楽しみです!

・まるで自分の体験のようだ。今までの母と娘の葛藤を描いた話の秀作といえば、イングリッド・バーグマンの映画「秋のソナタ」、そして岸恵子さんのエッセイぐらいしか思いつかない。父と息子のぶつかり合いはけっこうあるけどね。そういう意味でこの作品は貴重だ。これからどうなっていくのか興味深い。そしてまだ問題に気づいていない母と娘にも見てほしい作品である。

・デフォルメして描くとドラマが生まれる。このドラマは怖いと言われてるけど、実は割と日常茶飯事でインパクトが弱いため見過ごしてこられた一卵性母娘の関係性に焦点を当てたところが興味深い。日常に潜む歪みをどう描くのか…極端なホラーになってしまうと陳腐だけど、観ている人の心に波紋を広げるような、どこか他人事に思えないストーリーが展開していけば面白い作品になると思う。

・女性は誰しも考えなくてはならないと思う。娘をコントロールしていないか。またはコントロールされていないか。怖いけど続きが見たいです。

「お母さん、娘をやめていいですか?」こちらから無料で視聴できます

U-NEXTがおすすめな理由

1.お試し期間の31日間は、完全無料!

2.ドラマだけでなく、映画やアニメも観られる!

3.レンタルショップへ行く手間が省け、パソコン・スマホから視聴できる!

4.31日間の無料期間中に解約をすれば、一切お金はかからない!

そうなんです!ただいまキャンペーン中で、通常16日間の無料期間が、31日間になっています。「お母さん、娘をやめていいですか?」だけでなく、他にも観たい映画やドラマ、アニメまで見つかることでしょう!

そして、家のパソコンだけでなく、外出先でもスマホで楽しむこともできます^^

解約金もかからないから、これを使わない手はないですね♪