お母さん、娘をやめていいですか 第8話(最終回)無料視聴はこちら♪


2017年1月13日からスタートしたNHKドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」は、波瑠さんと斉藤由貴さんが親子役で出演し、斉藤由貴さんが毒母ぶりを発揮することで話題になりました。そんな「お母さん、娘をやめていいですか?」第8話(最終回)を無料視聴できる方法をご紹介します!

私はドラマを見逃した時、このサービスで見逃し配信を見ています♪
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね

お母さん、娘をやめていいですか あらすじ


娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。

美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼していた。

二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘だった。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいた。

そんなとき、新築中の早瀬家を担当するハウスメーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。顕子は彼を気に入り、美月とつきあうように背中を押すが、美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。

顕子は娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていく。そして、ついに松島を誘惑してしまう―
お母さん、娘をやめていいですか公式ホームページより

お母さん、娘をやめていいですか第8話 感想

30代女性の感想
もう最後までお母さんにはイライラしました。

娘の手を掴んで「殺して」とか言ってきたり、仕事辞めさせようとしたり、いい歳した自分の子供をさも小学生かのように世話を焼いて、見ていて鬱陶しくて、最後の最後まで目を覚まさないお母さんに本当に腹が立った。

そして娘も娘で、やっとお母さんを突き放す覚悟を決めたかと思ったかと思ったら、またお母さんにズルズル引きずられて一緒に暮らし始めてまた言いなりになって、このドラマはいったい10話近く連載続けて何がしたかったの?って感じでした。

お父さんも、何で頭がおかしい妻を精神科とかに無理矢理連れていかないのか不思議です。もう皆がお互いに共依存で、見ていてイライラする以外ないドラマでした。

もっと娘には、ちゃんと目を覚まして母親を傷つけて切り離して、自分だけの人生を生きていって欲しかったです。

お母さんを傷つけられない、とか、心配とか、甘ったれた事ばかり言って、結局ベタベタ共依存してくっつきたいのか離れたいのか分からなくて嫌でした。

もっとお母さんは打ちのめされて、お父さんに謝って娘から離れてお父さんとの人生を生き直して欲しかった。娘には、お母さんなんか無視して彼氏と幸せになって欲しかった。

私はドラマを見逃した時、このサービスで見逃し配信を見ています♪
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね


30代女性の感想
いつも、あんな母親だったら嫌だな、あんな母親だけにはなりたくないなと思ってみていました。自分も苦しいんだろうけど、娘を苦しめる母親には嫌悪感をもちます。

最終的には、娘から離れることを選ぶことができたので本当に良かったなと思いました。あれだけ依存していたら、離れる以外に方法はないと思います。もし、ミッちゃんが母親から離れられなければ幸せを掴むことはできなかったと思います。

本当に自分の欲しいものがわからないという気持ちは何となく共感がもてました。本当に自分がほしいもの、したいことって理解しているようで理解してないことが多いので。現代ならではの問題かなと思います。

そしていつも、ミッちゃんが美しすぎて見とれてました。ミッちゃん最高です!

結末的には、母親がミッちゃんから離れるという理想的な展開だったと思います。パパについて海外へ行くというのも良い話だったなと思いました。海外の場所がインドネシアというのも良かったです。

ただ一つもの足りなかったのはミッちゃんの恋愛事情があまり動かなかったこと、盛り上がりにかけたところかなと思います。

個人的には、真面目で清純なイメージをすこし壊して、ミッちゃんの違う部分をもっと出しても良かったんじゃないかなと思いました。

私はドラマを見逃した時、このサービスで見逃し配信を見ています♪
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね


20代女性の感想
お母さんのヒステリックな部分がとてもリアルに描かれていてて面白かった。すこしオーバーな気もしたがまたそれが良かった。

自分も母に大事に育てられたので、母の気持ちも娘の気持ちもわからなくはないですが、ドラマの場合ここまでやるー?!という驚きの気持ちの方が強かったです。

母の、娘とずっと一緒にいたいと思う気持ちは、今子供がいる私には痛いほどよく分かった。それと同時にこうなっては絶対にいけないと。距離感を保ちながら親子との関係を良好にすることも大事だと感じた。

後藤親子、主人公親子それぞれの関係性を対比しながら見ていくのも見どころだった。愛情を表に出すぎてしまう母親、上手く愛情表現できない母親。親子の色々な形を見ることが出来面白かったです。

みっちゃんのお付き合いが認められ、みんなに祝福されて結婚!というハッピーエンドを期待していました。最終的には新しい家にみっちゃんと松嶋が住み、孫の顔を見に両親がきてめでたしめでたしという素晴らしいエンディングで。

結果的にお母さんが最後の最後で寝がえり、旦那とのインドネシア行きを決意。こんな簡単に考え変わるかな?とすこし物足りなさは感じましたが、続きがあるような終わり方やバットエンドが嫌いな私にとっては良かったかなと思います。

私はドラマを見逃した時、このサービスで見逃し配信を見ています♪
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね


50代男性の感想

美月(波瑠)に、”あなたの娘をやめていいですか?”といわれ母親の顕子(斉藤由貴)は”だったら殺して、みっちゃんの手で”と狂乱した姿を見て、一旦は家に戻ることにします。

美月は、松島(柳楽優弥)の母に一緒に会いにいったり、学校に行っているうちに、だんだん自立への気持ちを持ってきて、自分の好きなカップを買って家に帰る。

顕子は、同じ2つのカップを見せ、おそろいのカップで飲むのが夢だったというが、自分はこちらのほうが好きだと初めて反抗する。ここから、自立への歩みを始めたような気がする。

ここから美月が、服も、インテリアの人形も、きらいだったが顕子に合わせてきた、ママじゃないと叫びます。そして、お互いが殴り合うところが、クライマックスのシーンであった。

顕子は、自分も母親であることをやめると言うが、美月の年齢からお互いに、親離れと子離れの時期であったということだろう。

子供が社会人になった時に、いつまでも子供ではなく自立していくのだということを、強く表現していたように感じます。

美月は、父の浩一(寺脇康文)や松島から自分のすきなように行動するように後押しされていたことから、顕子から自立して浩一とともに歩むのではないかと思ってが、結果としては、2人で歩むことになるだろう。

顕子の異常ぶりは、修復は難しいのではとの雰囲気があり、浩一と顕子は離婚して、バラバラになるのではと思っていた。

この状態で、新しく建てた家は、とても家庭環境と金銭的にも持ちこたえられるものではなく、売りに出すのではないかと思っていたが、そのとうりになった。今の家も、売るのだから、それぞれがそれぞれの道を歩んでいくのではと考えていた。

私はドラマを見逃した時、このサービスで見逃し配信を見ています♪
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね


40代女性の感想
みっちゃんと母親が、新居で取っ組みあいになり、母親が「みっちゃんが殺して」と迫るシーンまでは、迫力があって怖くて面白かったです。

でも、松島さんの母親に会ってから心境の変化があったのだとは思いますが、みっちゃんがお母さんに、スムージーを飲まない、自分の好みの新しいコーヒーカップを見せたり、10円ハゲを無理に見せようとしたのが急すぎて、母親もそのことで、急に聞き分けが良くなったように大人しくなった感じがして面白くなくなってきました。

最後は、父親を空港まで追いかけて一からやり直すことになったのですが、あの病的なママの雰囲気が一切無くなってしまっていて、観ている側としては、物足りないような気持ちになりました。

母親役の斉藤由貴さんが、もっと怖くなっていくのかと思っていました。

みっちゃんが、もう諦めの境地でママと過ごすことを決意するところまでは期待していた通りだったのですが、結構すぐにママと離れることになりすぎて、もっとギリギリの所までみっちゃんが追い詰められるような位、母親が病的になるシーンを期待していました。

そして、その中で松島さんがもっと強引にみっちゃんを連れ出して、最終的にママとの決別をする。という結末を期待していました。

「お母さん、娘をやめていいですか」第8話の感想が盛り上がっています。そんな「お母さん、娘をやめていいですか」を見逃してしまったとき、私はこのサービスで動画見逃し配信を見ています。パソコンでもスマホでも、いつでもどこでも見られて、とっても便利なんですよ~

くわしくはこちらで確認してみてくださいね~

「お母さん、娘をやめていいですか」第8話の感想はまだまだ続きます♪

30代女性の感想

私も娘がいますが、大人になってから子離れ・親離れできないようになってはいけないなと痛感させられる内容でした。

クライマックスのみっちゃんと顕子がビンタしあうシーン、あそこで二人の本当の気持ちが表に出た感じがしました。

本当は花柄やお人形なんて嫌いだったんだ・ボロボロのジーパン吐いて寝っ転がってアイス食べたかったんだと、顕子に切実に伝えるみっちゃんよく頑張りました!

松島君の母親がピンクレディーのけいちゃんだったのが、意外というか驚きでした。会いに行ってスッキリして良かったですね。みっちゃんとはお互い親で苦労した分温かい家庭を築いていって欲しいと思いました。

浩司さんに付いていきたいと伝えて空港でママ辞めます宣言した顕子さん、どこかふっきれていました。最終的に大団円で良かったです。

松島君の執念が勝って、顕子さんを説き伏せみっちゃんとアパートで二人暮らしを始める。

最終的には顕子さんから解き放たれて、みっちゃんは生まれて初めて自由を得る。

学校にも復職して後藤の力を借りて、学級崩壊していたクラスも何とかまとまりを戻していく。

後藤とみっちゃんは、生徒と教師の垣根を越えお互いの心で繋がる存在になる。

浩司さんは娘を守るために牧村さんの力を借りながら、顕子さんからみっちゃんを引き離す作戦を企てる。

と、こんな展開を期待していました。

私はドラマを見逃した時、このサービスで見逃し配信を見ています♪
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね


30代女性の感想

母親役の斉藤由貴が恐すぎました!あんなお母さんが本当にいたら、娘として、円形脱毛症じゃ抑えきれません。お母さんが恐すぎて、毎日生きた心地がしないでしょう。

他の方が演じていたら、このように感じるかなと思うほど、斉藤由貴の演技は、凄すぎです。気持ち悪いなと毎回1回は、口からこの言葉が不意に出てしまいました。

あの人形も気持ち悪かったです。不気味さを際立たせていました!波瑠は演技は、まあまあだなあとかんじますが、波瑠自身から醸し出す清純さが役柄とマッチしているなと感じました。

そして、柳楽優弥は、存在感がすごいです。とても自然に飾り気のない男性の役柄を演じてるなあと、これからどんな役者になっていくのかなと勝手に期待しながら、見ていました!

最終回は、イメージしていたものとは、違い、少し残念でした。

私は、波瑠が完全にお母さんと離れて、柳楽優弥と新しい人生を歩む。

斉藤由貴は怖いお母さんから脱出できずに、波瑠をあきらめられないで、さらに追い詰めていく、最後の最後まで、怖いお母さんで、いてほしかったです。

あれだけ、不気味な人形をいっぱい作っていたのですから、波瑠に離れていかれて、お母さんがイカれて、人形を娘として、可愛がる、人形を本当に娘と思ってしまい、どん底に落ちていくのような暗い最終回を望んでいました。

私はドラマを見逃した時、このサービスで見逃し配信を見ています♪
↓↓↓
くわしくはこちらで確認してみてくださいね


20代女性の感想
最初は柳楽君が波留さんを救い出すのかと思いきやお母さんの執念はすごすぎてほぼそれが強い印象でずーっと最後まで描かれていた様に思えます。

波留さん扮する美月は、母親に本音で話せない部分も、うまく解決してないもどかしさ。

そんな中で、なぜか急にお母さんがお父さんについていく展開になったので、見ている側としては、いろいろと展開が最終話で、無理くりに発展しすぎていていました。

最後までの話は、ほぼお母さんの執着が描かれてただけで、お父さんの事、恋人との関係性などがいろいろと理解できない中での終わりだなと思ってしまい、面白くなるのかなの前にこれで終わり!?と思わずびっくりしてしまいました。

正直なところ、回を追うごとに観たい気持ちが遠のいていきました。

最終回では、まず斉藤由貴演じる母親が子どもからきちんと巣立つ事をメインにお父さんの海外へ移動する話をきちんと受け入れられる展開であってほしかったです。

波留の教師としての今後の展開、波留が母親と離れてどう過ごし、母親とともにこういう今もイイねという様な描かれ方を期待していたので、最後まで母親が娘に執着しすぎていていろんな意味で怖かったです。

もう少し話数あれば、流れもゆるやかに変わったのかなと感じました。[/btn]

そんな「お母さん、娘をやめていいですか」を見逃してしまったとき、私はこのサービスで動画見逃し配信を見ています。パソコンでもスマホでも、いつでもどこでも見られて、とっても便利なんですよ~

くわしくはこちらで確認してみてくださいね~