『あなたのことはそれほど』主題歌の歌手は?

『あなたのことはそれほど』気になる主題歌の歌手は?誰か気になったので調べてみました!

謎に満ちた新鋭バンド “かみぼく”


『あなたのことはそれほど』の主題歌が早くも話題を呼んでいます。主題歌の歌手は、2016年春ごろ結成という、まだまだ若いバンドで、

「神様、僕は気づいてしまった」

通称「かみぼく」です。

主題歌のタイトルは「CQCQ(シーキューシーキュー)」

この楽曲が彼らのメジャーデビューシングルになるようです。発売日は、2017年5月31日(水)に決定! デビュー曲がドラマタイアップという、さすがの大型新人バンドです。

ちなみに、販売店舗ごとに特典も用意されているようで、メンバーそれぞれバージョンの缶バッジやオリジナルステッカーなどがもらえるそうですよ。

どこで予約をするか悩ましいですが、どれがもらえるかわからないよりも優しい対応なのかもしれませんね。神対応。

「あなそれ」動画見逃し配信を見るなら、国内ドラマがほぼ何でも揃っているU-NEXTをおすすめします。

U-NEXTでは今なら31日間無料トライアルを実施中!

通常月額1,990円(税抜)必要なサービスが無料で利用できるんですよ。

31日間あれば、過去の人気ドラマも一気見することもできちゃいますね♪

あなそれを31日間無料で見る



無料期間の31日以内に解約すれば、料金は一切かからないので安心です♪

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

でも、やっぱりまた見たくなって、再登録しました。



U-NEXTの動画配信数は12万以上!!

国内ドラマ以外にも、韓国ドラマなどの海外ドラマ、雑誌やアニメなども、全部見放題になります♪

ただ、31日間の無料トライアル期間が、いつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録しておくことをおすすめします。

最近、YouTubeやpandoraなどの無料で見られる動画サイトを良く目にしますが、それらは完全に違法サイトです。

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全な方法で視聴することをおすすめします。

違法サイトからウイルス感染した!という事例もよく聞きますが、日本最大規模の映像配信を誇るU-NEXTなら、そんな心配もありませんね!

かみぼくメンバーの素顔


何から何まで謎だらけのバンド、神様、僕は気づいてしまった。公表されているのは名前とパートだけ。

しかも、ボーカル&ギターが「どこのだれか」、ギター「東野へいと」、ベース「和泉りゅーしん」、ドラム「蓮」と、名前までミステリアス。どこのだれかって、どこのだれですか!(笑)

さらにはそのビジュアルが奇抜です。いわゆる素顔を隠した仮面バンドで、メンバー4人全員が白いつるりとした仮面をすっぽりかぶっています。

それぞれ顔らしきマークは異なっていて、どこのだれかには両目らしきものがあり、無限大マークもしくはメビウスの輪のような金色の飾りを頭に載せています。

東野へいとは顔の左半分だけ見ると宇宙人のグレイのよう。

和泉りゅーしんは、顔の右側に3つの丸型が縦に並び、左側は手裏剣のような十字型が刻まれています。

蓮は非対称の曲線で、無理に左半分を顔とみるならタレ目。そう思って見るとかわいい。

かみぼくの過去


今回の「CQCQ」でメジャービューとなる彼らですが、昨年から少しずつ話題にはなっていたようです。

初めて楽曲を提供したのは2016年11月スマートフォン用ゲーム「スターオーシャン:アナムネシス」の主題歌で、「だから僕は不幸に縋っていました」というナンバー。

ミュージックビデオをユーチューブに公開し、投稿から10日で再生回数が10万回を突破、現在は約70万回と注目を集めています。

「スターオーシャン:アナムネシス」主題歌「だから僕は不幸に縋っていました」


SQUARE ENIX「スターオーシャン:アナムネシス」主題歌
「神様、僕は気づいてしまった」公式サイト:http://sp.wmg.jp/kamiboku/?cid=ytl_tx…

また、2017年1月からは東京MXのアニメ「ちるらん にぶんの壱」の主題歌に「僕の手に触れるな」を提供。そして満を持しての「CQCQ」でメジャーデビューというわけですね。

「ちるらん にぶんの壱」主題歌「僕の手に触れるな」


TVアニメ「ちるらん にぶんの壱」主題歌
「神様、僕は気づいてしまった」オフィシャルサイト:http://sp.wmg.jp/kamiboku/?cid=ytl_tx…

かみぼくの魅力


特徴的なのは、やはりボーカルどこのだれかの歌声でしょう。

圧倒的な歌唱力はもちろんのこと、中性的で透き通るようなハイトーンボイスはほかの誰とも似ていない絶対的な存在。

何度も何度も聴きたくなるような依存性のある魅力を有しています。

まるで幼い少年のような、訴えかけるような声。

どこか切なさを、痛みを、憂いを、危なっかしさを、聴く者に与える、息を止めて聴き入ってしまう歌声は素晴らしいのひとことです。

ギター東野へいとは「CQCQ」の作詞作曲も出がけていますが、かみぼくのもうひとつの魅力がその歌詞の世界観とも言われています。

少々難解で、物語性に富んていて、独特でありながらも繊細なメッセージが強く強く表現されています。

想いの溢れた歌詞、それを丁寧に激しく歌い上げる歌唱力、生命力を感じさせるメンバー全員のアツい演奏と刺激的なパフォーマンス。

2017年は 「神様、僕は気づいてしまった」が世間を圧巻する年になるかもしれません!

「CQCQ」の意味するもの


楽曲「CQCQ」の感想として、番組プロデューサーさんと波瑠さんとが共通しておっしゃっていたのは「疾走感」というワードです。

美都たちの心情や目まぐるしいストーリー展開とその焦燥感が伝わってきそうですね。

『あなたのことはそれほど』との相乗効果で、どちらの作品も突っ走って、突き抜けてほしいものです。

さて、バンド名もさることながら、タイトル「CQCQ」も謎めいています。

今までの作品「だから僕は不幸に縋っていました」「僕の手に触れるな」と比べると一目瞭然、印象が印象が一転しています。

一見意味不明の言葉「CQCQ」。おそらくCQ(シーキュー)とは、無線通信で不特定の相手を一括して呼び出すための略符号のことではないでしょうか。

これはフランス語で「安全」「注意」を意味する「Sécurité(セキュリテ)」の頭の発音がアルファベットにすると「CQ(セク)」に似ていることが由来。

また、東野へいとさんのコメント「遭難者の航海日誌」(※下記)と絡めて考えるならば、遭難時に使われる場合には「Come Quick」つまり「早く来て」の略語としても意味をなすそうです。

「誰かいませんか?」「早く私を助けに来て!」登場人物の誰の言葉を表しているのでしょうか。ドラマが進むごとに感じ方も違ってきそうですね。

東野へいとさんのコメント


※以下、作詞作曲の東野へいとさんのコメント

「人々の営みとは、四方八方の景色の先に何が待っているのかわからず、それ故に自分が正しい航路を歩んでいるのか、そもそも暗車は動いているのか五里霧中である事の連続です。

人生って、大海原にただ一人で放り出された遭難者の航海日誌とでも呼ぶに相応しいんじゃないか。

脚本を拝見しながら、そういった胸中にある蟠りの正体に気が付き、この度はドラマ『あなたのことはそれほど』の主題歌を書かせていただいた次第です」

「あなそれ」動画見逃し配信を見るなら、国内ドラマがほぼ何でも揃っているU-NEXTをおすすめします。

U-NEXTでは今なら31日間無料トライアルを実施中!

通常月額1,990円(税抜)必要なサービスが無料で利用できるんですよ。

31日間あれば、過去の人気ドラマも一気見することもできちゃいますね♪

あなそれを31日間無料で見る



無料期間の31日以内に解約すれば、料金は一切かからないので安心です♪

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

でも、やっぱりまた見たくなって、再登録しました。



U-NEXTの動画配信数は12万以上!!

国内ドラマ以外にも、韓国ドラマなどの海外ドラマ、雑誌やアニメなども、全部見放題になります♪

ただ、31日間の無料トライアル期間が、いつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録しておくことをおすすめします。

最近、YouTubeやpandoraなどの無料で見られる動画サイトを良く目にしますが、それらは完全に違法サイトです。

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全な方法で視聴することをおすすめします。

違法サイトからウイルス感染した!という事例もよく聞きますが、日本最大規模の映像配信を誇るU-NEXTなら、そんな心配もありませんね!

『あなたのことはそれほど』予告動画

おすすめ記事

『あなたのことはそれほど』1話の感想

『あなたのことはそれほど』24話をネタバレしちゃいます!

『あなたのことはそれほど』目撃情報続々!撮影場所詳細!

『あなたのことはそれほど』原作本の作者・いくえみ綾さんとは?

『あなたのことはそれほど』主演・波瑠さんの魅力を語りつくそう!

『あなたのことはそれほど』漫画4巻を振り返ってみよう

『あなたのことはそれほど』キャストをまとめました

『あなたのことはそれほど』結末はこんな感じ”予想”