セシルのもくろみあらすじ1話を徹底解説!

木曜劇場『セシルのもくろみ』は7月13日(木)22時から、まもなくスタートしますね。一体どんなドラマなのか、あらすじ1話がとても気になります。

『セシルのもくろみ』は、ファッション雑誌業界を舞台に大人の女性たちの生き方を忠実に描かれているドラマ。

主演は真木よう子さんで、取り巻くキャストは吉瀬美智子さん、伊藤歩さん、板谷由夏さん、長谷川京子さん5名の、超豪華なキャストが出演します。

『セシルのもくろみ』第1話のあらすじが公式サイトにてアップされていたので徹底解説したいと思います!

ぜひドラマがスタートする前に、あらすじをチェックしてみると、より楽しめると思います♪

セシルのもくろみ予告動画

セシルのもくろみ1話あらすじ前半

2017年7月13日木曜22時からスタートする『セシルのもくろみ』は一体どんな物語なんでしょうね。

今回『セシルのもくろみ』第1話のあらすじが、公式サイトにてアップされているので、前半・後半で徹底解説していきたいと思います。

宮地奈央(真木よう子)は専業主婦で、金型仕上げのエンジニアである夫の伸行(宇野祥平)と中学生の宏樹(佐藤瑠生亮)の4人で暮らしています。

普段奈央は、宏樹に少しでも多くご飯を食べさせたり、パート先の惣菜店のお手製ポテトサラダが人気な事など日常の幸せに十分満足していました。

ある日奈央は、人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集デスク黒沢洵子(板谷由夏)から読者モデルとしてスカウトされます。

そして『ヴァニティ』の編集長南城彰(リリー・フランキー)は、「ハマユカ」の愛称で人気No.1の浜口由華子(吉瀬美智子)をカバーモデルとして君臨してます。

また現在情報番組のコメンテーターとして活躍中の安永舞子(長谷川京子)も、昔『ヴァニティ』のNo.2モデルとして在籍していました。

以上が前半のあらすじでしたが今回の舞台ら女性ファッション誌ですが『ヴァニティ』はとてもすごい雑誌なのかなぁと思います。

そんな中で全くモデル経験もない奈央が新人モデルとしてどう立ち向かっていくのか注目ですね。

セシルのもくろみ1話あらすじ後半

引き続き『セシルのもくろみ』第1話のあらすじ後半を、徹底解説したいと思います♪

沖田江里(伊藤歩)は、ファッションブランドのPRの職を失い、今はファッションライターとして大成しようともがいていました。

女性ファッション誌『ヴァニティ』のライターとして働いている中、洵子から奈央のことを聞き奈央のいる北春日部まで会いに行きます。

そこで江里は、命がけで稼げるモデルにする、と必死に奈央を説得します。江里は洵子に逆らえないため力づくでも奈央を説得しようとするのでした。

江里は、一度は誘いを断っていた奈央をオーディションに参加させます。しかし奈央は、自分を美しく見せること自体に抵抗を感じていました。

江里やカメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、カリスマヘアメイクの安原トモ(徳井義実)により奈央は撮影に挑む事になったのです。

奈緒は、坂下葵(佐藤江梨子)、小田萌子(藤澤恵麻)との3ショット撮影では中々上手く笑うことができずにいました。

『セシルのもくろみ』第1話のあらすじ後半をご紹介しました。いきなり奈央はオーディションに参加させられてしまいますね。

そして、プロのヘアメイクやカメラマンにより撮影に挑みますが、緊張してうまく笑えずにいました。写真撮影が成功するのかどうか注目ですね。

セシルのもくろみ1話あらすじを徹底解説!のまとめ

『セシルのもくろみ』1話のあらすじについてご紹介しました。

第1話では専業主婦の奈央が黒沢に突然スカウトされる事で生活が一辺しますね。なぜ黒沢は奈央をスカウトしたのかも気になります。

そして女性ファッション誌『ヴァニティ』で働く江里は突然奈央のいる北春日部に行くみたいですね。どんな経緯で江里が行動したのか注目です。

奈央は江里に連れられ撮影に挑みます。普段と全く違う環境に中々上手く笑う事が出来ませんでした。果たして奈央は無事成功するのでしょうか?

奈央がどんな形で成長していくのかとても楽しみですね。7月13日の放送が待ち遠しいです。