コードブルーの意味とは?

2009年からスタートしたドラマ「コードブルー」は、フライトドクターによる医師の物語としても、当時から話題となりましたね。

初のフライトドクターのドラマとして、ピックアップされました。自動車の衝突事故や、飛行機事故などのリアルな現場が印象的でした。

ドラマのタイトルにもなっている「コードブルー」とは、どんな意味なのかご存知ですか?

私は、コードブルー1st、2ndどちらも見ていましたが、正直コードブルーの意味を知らなかったです!

そこで今回は、「コードブルー」の意味について調べてみました。ぜひ今後の参考にして頂けたらいいなぁと思います。

コードブルーの意味って?

「コードブルー」とは、病院内で緊急患者が発生した時の院内アナウンスの事みたいです。緊急事態が発生したことを、病院内の医師たちに伝えて、現場に集めます。

でも、コードブルーの患者さんを1分でも1秒でも助け出すためにも時間が大切です。ドラマ「コードブルー」でも、病院内だけでなく、病院外で緊急患者の処置をしますよね。

しかし、「コードブルー」は病院内で使われるもので、病院の外では使われないそうです。ドラマでは、ドクターヘリにて病院外での患者のケアをしていますが、目的は同じかなぁと思います。

患者の容体の急変など緊急事態が起きた時は、主治医や担当医が呼ばれます。しかし、緊急患者は倒れた原因がわからない患者さんは、病院内の医師達全員が集められるそうです。

緊急事態に備えて、病院内で放送ルールを決めて、1分1秒でも緊急患者を助けるためにも、医師や看護師への徹底をしているのです。

各医療機関で決めるルールですので、スタットコールとは言わずに、「ハリードクター」「コール99」「エマージェンシー」と呼ばれてます。

病院アナウンスを聞いた医師や看護師は、指定の場所に駆けつけて緊急蘇生を、行う事を義務付けられているのです。コードブルーの「ブルー」は最優先といった意味のようです。

病院に行く際に、「コードブルー」が聞ける機会があれば聞いてみたいです。

コードブルー以外の色の意味とは?

コードブルーについてご紹介しましたが、コードブルー以外の色があるんです。今回色の意味についてご紹介していきたいと思います。

「コードレッド」

病院内で火災発生を知らせる緊急コールです。火災報知器のような方式で、医師や看護師に火災発生を知らせるために使用されています。

「コードホワイト」

病院内で不審者が暴れたり、トラブル発生を知らせる緊急コールです。主に警備員などを呼ぶ目的にこのコールをするようですね。

「コードイエロー」

緊急で患者様の搬入目的を知らせる緊急コールです。別の意味として家族に起こったトラブルを、知らせる目的としても使用されています。

「コードゴールド」

臓器移植対象の脳死患者の発生を知らせる緊急コールです。臓器移植のコーディネーターへの連絡を目的に使用されているそうです。脳死患者への緊急対応まであるとは、知らなかったです。

「コードグリーン」

主にテロが発生した場合や、テロが起きて多くの死傷者が出る可能性を予測を知らせる緊急コールです。

テロは海外でも多数発生していますよね。日本では、まだこのようなケースは起こってないですが、緊急時に備えて行っているのは、とてもありがたい事ですね。

「コードブルー」以外にも、たくさん色分けされているんですね。もし病院に言った時に、緊急アナウンスが流れた時は、どの色なのか聞いてみたいですね。

コードブルーの意味まとめ

今回「コードブルー」の意味についてご紹介しました。病院内で緊急患者が発生した時の院内アナウンスのようですね。

緊急事態が発生したことを病院内の医師たちに伝えて、現場に集める緊急コールみたいです。医療従事者の以外の方は、知らない人が多いと思います。

私も正直知らなかったので、とても勉強になりました。ドラマ「コードブルー」では、ドクターヘリにて院内外の救命患者の処置をしていますよね。

本来のコードブルーとは、少し違う意味合いかもしれませんが、救命患者を1分1秒でも早く救う目的としては同じなのかなぁと思いました。

コードブルー以外にも色分けがされているんですね。いつか緊急コールを聞く機会があれば、どの色なのか聞いてみたいと思います。

そんな、コードブルーの前作は、こちらから見れます↓

コードブルー動画1シーズン1話を無料で見る方法

コードブルー動画2ndシーズン1話を無料で見る方法