コードブルーの意味とコウノドリとの関係

コードブルーが絶賛放送中ですが、コードブルーの意味って何かご存知ですか?私はコードブル1、2の頃から見ていましたが、知らなかったです。

コードブルーってドラマのタイトルだけなのかと思ったら、実はちゃんと意味があったんですね。

そして、2015年に放送された「コウノドリ」では“コードブルー宣言”を実施されました。なぜコウノドリなのにコードブルー?って思いますよね。

本来、ドラマ「コウノドリ」は、産婦人科内での物語であり、救命とはまた違います。一体どんな関係性があるのか、気になったので調べてみました!

ドラマ「コウノドリ」でコードブルー宣言

現在放送中の「コードブルー」ですが、以前2015年10月に放送されたドラマ「コウノドリ」で、コードブルー宣言がされてましたね。

コウノドリのドラマに、何でコードブルー?と疑問に思いながらドラマを見ていたら、産婦人科でもコードブルーの意味があるのでした。

コウノドリでコードブルー宣言された内容とは、もうすぐ産まれる妊婦が、突然意識を失い心肺停止という、危険な状態が起きます。

通常は、産婦人科の医師が対応するのですが、コードブルー宣言した時が夜間で、医師が少ない状態でした。

緊急を要する事態だったため、コードブルーが使用されたのです。「コードブルー」とは、病院内で緊急患者が発生した際に使用される隠語です。

「コードブルー」と館内アナウンスをかけ、病院内にいる医師を現場に集めて診察します。その方が、素早く対応できますよね。

例として「コードブルー、コードブルー、こちら○○病棟○○号室。院内にいる医師は直ちに集まってください。」な感じでアナウンスが流れます。

アナウンスを聞いたら、緊急患者がいる事が把握できますよね。病院内でのアナウンスなので、中々聞くチャンスはないと思います。

コウノドリでコードブルー宣言されたのは、緊急で迅速に医師を集めるためだったのですね。コードブルーの意味が分かってよかったです。

コードブルーの意味

コードブルーとは、病院内での緊急患者を知らせるための館内アナウンスみたいですが、ドラマコードブルーは、院外の患者を救う物語ですよね。

病院外の事故に巻き込まれた緊急患者を救うため、医師がドクターヘリに乗って現場に向かい処置をします。ドラマ「コードブルー」は違う意味合いなんですね。

コウノドリでも、コードブルー宣言が行われました。コードブルー宣言をしなければいけないほど、緊急事態だったのかもしれませんね。

コードブルー宣言をするのは、全科の医師を集める目的でもあります。脳や心臓に関わる状況だとしたら、いろいろな医師がいたほうが、処置が早いですよね。

診察してみて、心筋梗塞もしくは脳梗塞だと判明した場合、両方の医師がいると、一刻も早く処置病名が判断できます。

通常は、患者に異常が発覚すると、まずその患者の担当医が診察してもらいますよね。そしてカルテを元に、それ以外に異常があれその専門医を呼んで処置してもらいます。

しかしコードブルーが発令されたら、担当に関係無く院内の医師が集合し、その場で診察と処置をします。

コードブルーの患者さんは1分でも1秒でも早く助けたいのが現状ですよね。コードブルーのブルーは「最優先」といった意味合いに当たります。

コードブルーがかかったら、救急患者への対応を最優先にするようです。今回のコードブルーのドラマで、いろいろ勉強していきたいと思います。

コードブルーの意味とコウノドリとの関係のまとめ

今回コードブルーの意味と、コウノドリとの関係性についてご紹介しました。コードブルーの意味は、病院内での緊急患者を知らせるための館内アナウンスです。

院内での救命処置のため医師を集める目的としてコードブルー要請を行うのですね。

そして2015年10月に放送されたコウノドリでも「コードブルー宣言」が行われました。なぜコウノドリでコードブルー?と最初思ってましたが、意味があるんですね。

コードブルー宣言をしたのは、深夜勤務の時に、もうすぐ産まれそうな妊婦が原因不明の心肺停止状態になってしまったのです。

一刻も早く処置を行うため、コードブルー宣言をされました。今回コードブルー意味やコウノドリとの関係が分かりとても嬉しかったです。次回ドラマでコードブルー宣言する時、チェックしていきたいと思います。

そんな、コードブルーの前作は、こちらから見れます↓

コードブルー動画1シーズン1話を無料で見る方法

コードブルー動画2ndシーズン1話を無料で見る方法

コードブルー動画1話を無料で見る

2017.07.18

コードブルー動画2話を無料で見るならこちらから♪

2017.07.18