映画『君の膵臓をたべたい(きみすい)』フル動画を今すぐ無料で見る

住野よるの小説を映画化。膵臓(すいぞう)の病を患う高校生と同級生の“僕”の交流を、現在と過去の時間軸を交差させて描く。

『エイプリルフールズ』などの浜辺美波と『あやしい彼女』などの北村匠海が主演を務め、現在の僕を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。

監督は『黒崎くんの言いなりになんてならない』などの月川翔、脚本は『アオハライド』などの吉田智子が担当。

この映画、私も見たかったんですが、なかなか映画館に足を運べず、「どこか無料で見られるところはないかな?」とずっと探していたんです。でも結局、探すのに時間ばかり掛かってしまい、大変な思いをした覚えがあります。

そこで、私が映画『君の膵臓をたべたい(きみすい)』のフル動画を無料視聴できたのは、このフジテレビオンデマンド(FOD)なんです!

今すぐ動画を見たい人は、チェックしてみてくださいね♪

映画『君の膵臓をたべたい(きみすい)』フル動画を無料視聴するならVOD(ビデオオンデマンド)がお得!

結論から言ってしまえば、映画『君の膵臓をたべたい(きみすい)』はVOD(ビデオオンデマンド)を利用することで無料視聴できます。

VOD(ビデオオンデマンド)とは、映画やテレビ番組を、スマホやタブレット・パソコンなどから、いつでもどこでも視聴することができる動画配信サービスです。

自分の好きな時間に、好きなだけ動画視聴を楽しむことができるので、とっても便利なんです♪

1ヶ月無料お試し期間があるから気軽に楽しめちゃう♪

私がフジテレビオンデマンド(FOD)を選んだのは、一ヶ月無料お試し期間があったからです。

まず、フジテレビオンデマンド(FOD)に申し込むとき、月額利用料がかかるのが心配でした。

「登録しても、月額利用料の元が取れるほど映画を見ることができるのかなぁ」と^^;

そこで色々調べてみると、フジテレビオンデマンド(FOD)は、31日間無料お試し期間があることを知り、利用してみることにしました。

これでもか!という位たくさん映画を見て、一ヶ月以内に解約したんですが、本当に料金はかかりませんでした!

いま話題の映画や、見逃してしまった映画など、自分が見たいものを好きなだけ見て、「1ヶ月経ったら解約する」という、お得な裏技も使えます♪

私は、子供が学校へ行った後、家事のスキマ時間などに、好きな動画を楽しんでいますよ♪

映画『君の膵臓を食べたい(きみすい)』フル動画を見たついでに、他の動画もサクッと楽しむことができるので、VODサービスはおすすめです!

映画『君の膵臓をたべたい(きみすい)』フル動画を無料で見れるのはフジテレビオンデマンド(FOD)だけ!

Amazonアカウントを持っていれば、FODの新規申込時に、簡単に決済ができるんです。

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用してFODプレミアムにご加入すると、1ヵ月間無料でFODプレミアムが楽しめちゃいます。

このキャンペーンは、いつ終了してしまうか分からないので、

今のうちに登録して、たくさん動画を無料視聴しちゃいましょう!

映画『君の膵臓をたべたい(きみすい)』基本情報を予習して動画を楽しむ♪

あらすじ

高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。

彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。

一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

キャスト

山内桜良 – 浜辺美波

僕(志賀春樹) – 北村匠海(DISH//)

滝本恭子(学生時代) – 大友花恋

一晴(ガム君) – 矢本悠馬

隆弘 – 桜田通

栗山 – 森下大地

宮田一晴(現在のガム君)- 上地雄輔

桜良の母 ‐ 長野里美

現在の恭子 – 北川景子

現在の僕(志賀春樹) – 小栗旬

「君の膵臓をたべたい」予告

「君の膵臓をたべたい」予告2

映画『君の膵臓をたべたい』浜辺美波&北村匠海インタビュー

youtubeやPandoraなどの違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にしますよね。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも映画がアップロードされたりしていますが、著作権法違反ですので、音声や画質が非常に悪いんですよね。

動画投稿者が著作権侵害で削除されないように、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画をまともに見ることは出来ません。

最近は、違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、すぐに動画が削除されたり、視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、うっとうしい広告も表示されず、動画もサクサク動くので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

しかも、パソコンだけでなくスマホからでも利用できますので、移動時間中など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心かつ安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

映画『君の膵臓をたべたい』フル動画ロケ地キャスト

ロケ地
・ポスター写真の橋は京都市伏見区の伏見であい橋
伏見であい橋の住所:京都府京都市伏見区北浜町

・八日市駅前
八日市駅の住所:滋賀県東近江市八日市浜野町485

・豊郷町立豊郷小学校
豊郷小学校の住所:滋賀県犬上郡豊郷町大字石畑518

・滋賀大学
滋賀大学の住所:滋賀県彦根市馬場1-1-1

・彦根城近くのカフェ「ポム・ダムール」
ポム・ダムールの住所:滋賀県彦根市立花町2-8

・彦根市立西中学校
彦根市立西中学校の住所:滋賀県彦根市金亀町8-1

・彦根市立東中学校前のマンション
彦根市内東中学校の住所:滋賀県彦根市芹川町443

・アルシオーネ・コート
アルシオーネ・コートの住所:岐阜県本巣郡北方町平成3-67-8

・ユニクロ敦賀店付近
ユニクロ敦賀店の住所:福井県敦賀市 市野々町9-1

・敦賀市野神にある神社
正八幡神社の住所:福井県敦賀市野神1丁目

・敦賀市若葉町の民家

・大津パルコ前

・太宰府天満宮
太宰府天満宮の住所:福岡県太宰府市宰府4-7-1

・常滑市民病院
常滑市民病院の住所:愛知県常滑市 飛香台3-3-3



映画『君の膵臓をたべたい』フル動画感想

小説を読んだという人も、小説を読んでいないけれど映画が見たいという人どちらの人にもお勧めできる作品です。個人的には小説には小説ならではの良さがあったし、映画には映画ならではの良さがあったなと思いました。泣くタイミングは違えど、必ず泣けると思います。見どころは北村匠海の演じる役の雰囲気の出し方です。孤独感の出し方に引き込まれる部分があります。また、前半と後半の緩急のつけ方から、ラストの展開は鳥肌ものです。小説だけ読んだ人でも楽しめるように最後には高校生だったメンバーが大人になってからのエピソードが描かれています。最初の描写の伏線がそこで一気に回収されます。個人的には”あー、そうくるかー”という感じでした。映画ならではの演出の仕方がさらに作品をよくしているなと思いました。終始世界観が素晴らしい。光の入れ方とかサントラが最高に良くて、名前を呼び合わない二人の距離感と見ていて甘酸っぱくなるような二人の関係をさらに引き立ててくれるものになっています。タイトルで気になった人には是非見て欲しいです。確かに納得のタイトルではあるし物語の背景には常に病気があるけれど、想定外のラストにきっと見た人全員が驚きます。その後、誰かに見て欲しくなること間違いなしの作品です。

映画公開数日後に二人で観に行きました。この映画のもっとも魅力的な点は、「ヒロイン役の浜辺美波がただひたすらに可愛い」という点です。私は小説版の君の膵臓が食べたいを既に読んだ状態で観に行きました。小説と違って、主人公が大人になった頃を起点に始まるのですが、内容自体はさほど変わりません。センター試験や小説の問題集を解いた方など、小説について深く構成を考えたことのある人ならわかると思いますが、展開は極々一般的な進みです。序盤の方で内容もある程度予想出来てしまいます。しかし、この点を払拭しているのが、「浜辺美波」なのです。彼女が最近売れ出したのは確実にこの作品の影響です。この映画の中のヒロイン浜辺さんは、男子が高校時代、一度は好きになってしまうような積極的に自分に話しかけてくれる所謂「あれ、この子僕のこと意識してるんじゃないか?」という感覚を思い出させてくれます。作品自体もこのような青春で多感な真っただ中の男子高校生の心情に沿ったお話なのです。そういう誰にでも経験がある性格で、しかも理想のビジュアルを「浜辺美波」が実現させているのです。演技だと思わせない演技も非常に上手でした。この感覚を味わうためにこの映画は非常におすすめです。

この映画、本当に見ごたえがありますよー!高校時代に恋した話が初々しく、本当に切ないと思いました!真実か挑戦かのゲームでは観ているこっちが恥ずかしくなってしまうくらいでした!(笑)でも逆に病院での真実か挑戦ゲームは少し悲しく切なくなってきてしまって泣きそうになってしまいました!(涙)未来が沢山有る少年と未来が無い少女!この二人の出会いの仕方も見所だと思います!少年が偶然知ってしまった少女の秘密があり、そのストーリーを見ていると本当に切なくなってしまいます!この映画のタイトルは『君の膵臓を食べたい』ですが、本当に膵臓が食べたいっと言うようなホラーっ的な映画ではないです!少年が大人になってから少女の笑顔の意味と君の膵臓が食べたい!と言った意味をいっぱい知る事になります!映画の予告に『ラスト、きっとこのこのタイトルに涙する。』と画面に書いてありますが、本当にその通りでした!私は久しぶりに映画を見てマジ泣きをしてしまいました!話が合う女子同士で観るのもOK!カップルで見たら胸がキュンとしちゃいます!夫婦で見たら新婚時代に戻っちゃいそうだし!一人で見たら急に物凄く恋がしたくなってしまいますよー!(笑)

自分が病気になって余命を宣告されたとき、こんなに前向きになれるんだろうか?と本当に考えました。
主人公が不思議に思うほど、というか、この人は本当に病気にかかっているのだろうか?と思わせるほど元気で、健気な女の子。
読み進めて行くうちにわかることですが、本当はやっぱり怖いんですよね。高校生ですし、まだまだやりたいこともたくさんあるだろう年齢です。
でも、何もなかったように振舞っていたのは決して強がっていたわけではないと私は思います。そうやって振舞うことで、自分が病気になった意味やどう受け入れるかを試行錯誤していたのかな?と。
君の膵臓を食べたい。なんて、この小説はホラー?グロ小説?と思わせると同時に明らかに表紙がそっちじゃないギャップに手を取らざるを得なかったです。
今私は20代後半になりましたが、ちょっと辛いこと、嫌なことがあるとすぐに人生を投げ出したくなります。
簡単に、今死んだらどうなるんだろう?とか思ってしまっていました。でもこの作品を読んだら、そんなこと簡単に言えなくなると思います。
もっと生きたくても、生きられない人、早く死にたいのに、死ねない人、真逆なようで一緒なんですよね。ふとこの小説のことを思い出して、前向きに人生を歩めたらな、と思います。簡単なことではないですが、こんな作品読んだなと一生心に残る作品です。

タイトルからは、想像がつかないような純粋な闘病物語です。偶然、病院の待合室で拾った共病文庫を見てしまったクラスメートとの物語で、人と関わるのが苦手な春樹と主人公の女子高生さくらとの会話のやり取りが、とてもおもしろいです。お泊まり旅行での真実か挑戦かのゲームがとても新鮮味があって良かったです。さくらのすすめで、教師になった春樹が生徒からのヒントでさくらが託した本を一生懸命探すシーンがとても良かったです。見つけた手紙を読んで、クラスメートだったきょう子の結婚式に間に合って「僕と友だちになってください」と言うシーンに感動しました。
さくらの死を街頭のテレビニュースで知り、通り魔に刺されるというのは大どんでん返しで、びっくりしました。さくらの家にお別れに行った場面で、「お母さん、もう泣いても良いですか?」と言って、春樹がボロ泣きするシーンは本当に感動的でした。
この映画をとうして、死と向き合いながらも明るく生きる姿に、命の尊さと、事件で亡くなるということで人の寿命に差別はないことを学べました。
さくらが春樹の心を打ち解けさせたことから、たとえ病気になってもできることはあると思いました。もう一度見たいと思えるほど良い作品でした。

膵臓の病気をもった山内さくら(浜辺美波)は、余命1年ほどしかないのにとても前向きに誰にも病気のことを伝えず毎日を過ごしている様子がとても切なくこんなに明るく過ごせることができるであろうかと考えさせられます。
とても前向きで健気な女の子を浜辺美波が本当に可愛らしく上手に演じていて、ぴったりな役でした。彼女の演技を見たことがない人は一度この映画でみてほしいです。
そんな彼女は寡黙で純粋な僕(北村匠海)と出会い救われたのだと思います。そして寡黙で人嫌いだった僕も彼女との出逢いで少しずつ前向きに変わって行く様子がとても素敵で、人は誰と出会うかによって変わっていくものなんだなと思いました。
さくらが亡くなった原因が突然すぎて受け止めるのに時間がかかりましたが、病気だからといって最後まで命を全うできるという当たり前のことも本当は当たり前のことではなくてありがたいことなんだな、奇跡なんだなと思いました。
彼女は誰にも病気のことを言わず頑張って前向きに生きていましたが実は苦しくても必死に生きようと頑張っていた姿が最後にわかりとても切なく美しくもありました。
病気だったさくらは僕に救われ、そして僕はさくらのおかげで生きることに前向きになれたのだと思います。僕が先生になってから図書館で偶然さくらが昔書いた手紙を見つけたことろは感動しました。生きること、そして人との関わり合いなど色々考えさせられる映画なのでとてもおすすめです。

シーン設定がSF映画のようで私は好きな感じでした。今の「僕」(小栗旬)のいる場面が出たり高校時代の「僕」(北村匠海)の場面に戻ったりするところです。そんな設定が好きなのです。どちらも桜が咲いていて背景が綺麗でした。「君の膵臓をたべたい」と「僕」と「きみ」山内桜良(浜辺美波)が互いに思うようになるところが美しくも切ない恋模様の恋愛映画だなと思いました。山内桜良は「僕」のことも親友のことも良く知っていて頭がいいだなと思いました。山内桜良は行き当たりばったりのことをしますが、やはり死が迫っていたら人間は無理難題を周りの人に言ってしまうのだろうと思いました。その無理難題のひとつに電車で旅行に行くのが含まれていました。その旅行で福岡に行って大宰府天満宮に行ってホテルに泊まるのがあったのですが、そのホテルがスイートルームみたいで羨ましかったです。ベットもふかふかそうで、お風呂も泡風呂で外国のタワーマンションのようで絶対に誰もが憧れてしまいます。そこでしているカードゲームが面白そうで、私もスイートルームで山内桜良と「僕」たちのように過ごしたいなと思いました。学校の図書室の件ですが、「僕」もあの多量の本の整理を良くしたなと感心しました。

映画で一番面白かった所は、小説版と違って主人公が大人になっているという点でした。
私は小説を先に読んでいたので、最初、映画独自のオリジナル設定を知った時、原作より駄目になるのではないかって思っていました。
しかし、映画を見終わった後は、そういう設定もありだなと思うことが出来ました。
小説版は主人公の少年の回想として物語は進んでいきますが、
映画では母校の教師になり、当時の思い出として生徒に語るという形をとっていたので、新鮮な気持ちで見れました。
終わり方もまた独特で、映画の大人設定ならではの、一番面白かった所だと思います。
死んでしまった女の子が残したメッセージを、最後に図書室で見つけて受け取るというシーンなのですが、
本来、学生時代に受け取るはずのメッセージなのに、主人公は当時は見つけなかった。
ですが、偶然にも母校に赴任することで、大人になってから見つけることが出来たことに運命的なものを感じました。
そこに書いてあったメッセージは、主人公と彼女の親友へあてた言葉。
ちょうど、その日結婚式だった親友の彼女に、主人公はなりふり構わず、渡したシーンは号泣ものでした。
そして、教師を辞めるとかどうか迷っていたのに、彼女からの手紙によって続けることを決意したのは、
新たな旅立ちみたいで、すっきりとした気持ちになりました。

本を読んでから映画を観たので、感動は薄いと思い込んでいました。しかし、原作をこわさないように、うまくアレンジされていました。
この映画をみたら、みんな言う平凡な感想になるかもしれませんが、本当に一番思う事は「自分が病気だとわかっても、サクラのように強く生きる事ができない」です。いつも笑顔で周りに気遣いできる。本当にすごい女性です!でもそれは、ボクがいたからだと。ボクがいたから、冗談まじりで本音を言ったりできたと思います。本音が言えないと、想像以上にしんどいので。
2人の思い出づくりの場面は素敵、というより「うらやましい、私もあんな学生生活を送りたかったなぁ」です。そしてトランプゲーム「真実か挑戦か」は映画を観た後から使用させてもらってます。ゲームだからと言うとこで言いやすかったり、聞きやすかったり。よく考えましたよね。ありそうでなかったゲームです。
感動は何と言っても、サクラの家で、お母さんに闘病日記を受け取り「泣いてもいいですか」です。女は、普段泣かない男の人の涙に弱い事もありますが、泣くのを我慢していたあの姿には本当にグッときてしまいました。
感動だけではなく、あたたかい気持ちになれる久しぶりに見てよかったと思える映画でした。

男女の恋愛を描いた映画で、高校生の女の子が膵臓がんになり余命数ヶ月と言われて、好きな男の子と残りの人生の日々を楽しんでいるところが感動的だった。ふたりで家や遊園地やスイーツを食べにいったりといろいろデートしているシーンが印象的で面白かった。最初
、男の子が女の子にたいして照れくさそうにしていて少しそっけなくしているところが初々しいかった。女の子が病気が分かってから、男の子に、この映画のタイトル通り、君の膵臓を食べたいと言ったシーンが印象的だった。女の子が健康な自分の好きな男の子の膵臓がうらやましかったのではないかと思う。膵臓の治療キットが出てきたシーンは女の子の治療の辛さがにじみでていてせつなかった。最後に女の子が亡くなっていくシーンがとても悲しかった。また女の子がなくなるまえにいろんなクライマックスのシーンがあり、面白かった。また、女の子の友達が最後まで女の子の病気を知らされていなくて女の子が亡くなったあと知ってすごく驚いてショックをうけているところも印象的でだった。ドラマの最後に桜並木がでてきたところがこの映画を締めくくっているなあと思った。最後に何年か後男の子や友達が成長して女の子の友達が結婚するところも印象的だった。