「砂の塔」ネタバレ 犯人は航平に決まり?

%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

「砂の塔~知りすぎた隣人」の物語も佳境を迎え、ますます面白くなってきましたね。「砂の塔」の犯人はここまで、弓子や和樹が怪しいと思われましたが、体操コーチの航平と考える事も出来ます。

「砂の塔」ネタバレ 犯人が航平の理由

子供好き

子供の体操コーチをしていることから、航平は子供好きなのが分かりますね。第3話では、けがをして体操を続けられなくなった教え子に、何もしてあげられない自分の不甲斐なさに一人居酒屋で酔い潰れた事があります。

ハーメルン事件の落書きに対しては「子育てをする母親の大変さを何もわかってない」と怒りをあらわにし、「出来る事なら代わってあげたい」と言っていましたね。意味深です。

航平は自分が子供を大好きであるために、子供を放ったらかしにする母親が許せないのでしょう。

花屋の証言

 

第2話で、花屋さんの証言から、ハーメルン事件の犯人は男性と考えられます。航平は、子供を相手にすることは慣れていますから、子供に警戒されないという点では大丈夫でしょうし、かくまう部屋も持っているかもしれません。「ハーメルンの笛吹き男」からも、男性が考えやすいですね。

ドラマタイトル

そして、ドラマのタイトル『知りすぎた隣人』。犯人説有力の弓子は、亜紀の上の部屋に住んでいますから、厳密に言うと隣人ではありません。航平は、亜紀の実家のクリーニング店とお隣同士だった、まさに「隣人」です。しかも、亜紀の過去をよく知っていますので、もしかしたら何か「知りすぎて」いるのかも。

「砂の塔」ネタバレ 犯人は航平ではない?

もちろん、佐々木弓子が犯人という可能性も、否定はできません。その理由は、

第1話冒頭で、風呂場で血痕を洗い流すシーンがあり、第7話では、過去に殺人を犯したことがあると発言。しかも、亜紀の夫である健一とは元夫婦で、二人の間に大きな秘密もあるようです。

さらに、 幼児誘拐現場には黄色いカーネーションが残されています。自宅でフラワーアレンジメントをしている弓子は、花を手に入れることは簡単ですね。

「砂の塔」ネタバレ 犯人は航平にきまり?のまとめ

花屋の証言や、子供好きということもあり、ハーメルン事件の犯人が航平であることはかなり有力です。きっとその背景には、亜紀と隣人時代の衝撃的な過去があったことも考えられますね。今後の「砂の塔~知りすぎた隣人」も見逃せません!