「お母さん、娘をやめていいですか?」あらすじネタバレ


2017年1月13日から、NHKドラマ10でスタートする「お母さん、娘をやめていいですか?」では、人気上昇中の波留さんと、斉藤由貴さんが親子役で共演!その他、柳楽優弥さん、麻生祐未さん、壇蜜さんなど豪華キャストが多数出演することで今季注目のドラマです。

母娘の三角関係など、泥沼のバトルをサスペンスフルに描く「お母さん、娘をやめていいですか?」が見逃せませんね。そんな注目のドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」のあらすじネタバレをお伝えしていきたいと思います!

「お母さん、娘をやめていいですか?」 あらすじネタバレ

娘、早瀬美月(波瑠)25歳。

母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。

母娘は、美月(波留)の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきました。美月(波留)は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子(斉藤由貴)を全面的に信頼していました。

二人は親子と言うよりも、まるで恋人同士のように仲の良い母娘。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいました。

そんなとき、新築中の早瀬家を担当するハウスメーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなります。顕子(斉藤由貴)は彼を気に入り、美月(波留)とつきあうように背中を押しますが、美月(波留)は松島(柳楽優弥)と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していきます。

顕子(斉藤由貴)は、娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺します。そして、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていくのです。

そして・・・ついに松島を誘惑してしまい・・・

お~!娘の恋人を誘惑する、いけない母親!いいですね~。泥沼ドラマが大好きな私には、持ってこいのドラマです。現実には考えられない、まして自分は絶対にマネ出来ない設定がたまりません!

ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』は1月13日(金)22時スタート、楽しみですね!